包茎治療に踏み切った愛知在住のおじさんですTOP

包茎治療のラストチャンスかも・・・という思い

+++---+++

42歳を迎えて、やっと包茎の治療を思い切る事ができました。他人は「なぜ今になって?」と言うでしょう。しかし、今だからこそ治せるということもあるのです。 私が結婚したのは今から15年前でした。今でこそ子どもが2人いますが、最初はなかなかできませんでしたし、上が生まれた後、下のが生まれてくるまでには2度の流産も経験しました。子どもを作れる年数というのは限りがあります。だから、私がいくら包茎を気にしていても、自分の一存だけでいじるわけにはいかないのです。もっとはっきり言うと、いくら悩んでいたとは言っても、下手すると機能的にだめになってしまうかもしれない可能性がある治療をするわけにはいかなかったということです。


しかし、もう下も小学校に入り、妻も40歳を迎えました。もうそろそろ打ち止めでも許してもらえるのではないかという年になったのです。そこで、思い切って妻に自分の気持ちを打ち明けました。すると妻は、最初困った顔になり「危険な手術だったらやめて欲しい」と言いました。でも、「それほど失敗の可能性が高くないというのであれば、万が一のことだけを考えて、一生嫌な気持ちを引きずり続けるのもよくないね」と言ってくれたのです。それで、やっと真剣に治療のことを考えられるようになりました。

愛知の潮干狩りなら

+++---+++

毎年春先から初夏にかけて、我が家のレジャーは潮干狩りになります。県内で潮干狩りというと三河方面に行く人が多いようですが、我が家の場合は知多半島の付け根辺り、常滑市の坂井潮干狩り場へ行くことが多いです。 潮干狩りをする上で一番大切なのは潮見表をちゃんと見ることです。なぜなら、潮の干満が潮干狩りに向かない日は潮干狩り場が開いていないからです。今年は、土日に潮の具合のよい日が少なくて、自分たちの都合と合わせるのが大変でした。 また、潮干狩り場へは干潮の3時間くらい前に行き、潮が引き切る前に海に入るのがポイントです。多くの人が潮の引き切った砂がむき出しの所で貝を掘りたがりますが、実は水の中を手探りで掘るのがコツなのです。1個見つかればその周囲に10や20はかたまってあります。なので、熊手よりも軍手を忘れないようにした方がいいと思います。


坂井潮干狩り場では、アサリの他にバカ貝が大量に採れますが、砂出しが半端なくえらい上に、貝殻の大きさの割に中の身が恐ろしく小さいので、地道にアサリを狙うことをおすすめします。楕円形でしま模様があるのがアサリ、白やピンクで丸いのがバカ貝です。 しかし、去年も今年も春先が寒かったので、アサリが大きくなるのが遅く、海岸近くで採れたのはかなり小さいものばかり。ちょうど食べ頃の3年物はかなり沖の方へ行かないとダメでした。来年はもう少し早い時期に大きくなって欲しいものですね。

包茎治療に失敗は許されない

+++---+++

やっと治療を前向きに考えられるようになりました。でも、失敗は避けたかったので、できるだけ失敗のない、もしうまくいかなくてもやり直しが利くような方法を探そうと考えました。自分のためだけでなく、後悔がないようにと治療に同意してくれた妻のためも考えてです。 私の包茎は、起てば何とか先が出るので仮性包茎の部類だと思います。実際子どもができているので、真性包茎と言うことはないでしょう。なので、治療に保険が効くことは考えられませんから、近所の泌尿器科や皮膚科というのは選択肢から外しました。うちの近隣は過干渉と言えるほどつながりが強い地域なので、万が一私が治療に行っているのを近隣のおばさま、おばあさまなどに見つかってしまった日にはうわさに尾ひれが付いて大変な事になりそうです。だから、名古屋の包茎治療専門院の中で考えることにしました。


インターネットでいろいろと情報を集めて妻と相談した結果、やはりこういうものは医師の経験が物を言うだろうということになりました。そこで、名古屋駅の近くにある「本田ヒルズタワークリニック名古屋院」という所を選ぶことにしました。と言うのも、そこの院長が日本で一番多くの治療実績を持っていて、しかも多くの場合切らないで治療してくれるという話を見たからです。日本一予約が取りにくいと言うことでしたが、私の場合予約が取れさえすれば特別急ぐわけではなかったので、待つのも平気でした。 しかし、当日、クリニックのドアを開ける瞬間までは何となくドキドキしていました。怖かったわけではないので、ワクワクだったかもしれません。気に入らない包茎ですが、この年まで自分の体の一部でいたものなので、自分の決断ながら見た目が変わるというのは妙な気分でした。


ところで、当日私を担当してくれたのは院長ではありませんでした。でも、院長が自分の技術を受け継ぐ人として認めたたった1人の医師だと聞いていたので、特に不安はありませんでした。カウンセリングを受けると、ありがたいことに切らずに治療できるということでした。切るか切らないかの違いはとても大きく、切った場合は1ヶ月近く入浴やセックスなど様々な事が制限されるのに対して、切らない場合はすべてが当日からOKです。とてもホッとしました。 実際の治療が10分〜15分くらいで終わったのには驚きましたが、剥けるととても快適です。夜の方はもう打ち止めでもかまわないだろうと思って決断したのに、実は今の方が前よりも活発になっています。本当に思いきって治療してよかったと思っています。

本田ヒルズ 名古屋院について

+++---+++

本田ヒルズ 名古屋院

総院長:本田昌毅
住所: 〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町14-12 セントラルWESTビル5F
電話: 0120-84-0836
JR「名古屋駅」徒歩5分。
名古屋高速「名駅出口」車で10分


熟年の包茎治療はこちらから